いきあたりなブログです

ようこそ、いきあたりでやっているブログです。
旅行を中心にわしの興味があることをなんでもかつ唐突にいきあたりで書いています。


わしの普段の活動エリアは東京-神奈川-静岡東部くらいまでで、旅に出ないときやネタがないときにはこの近辺で飲み食いした報告を書いています。2014年から福島に活動を移転しました。

コメントは大歓迎です。ご遠慮なく古い記事にもコメントつけてくださいね!ブログのご感想や「来たよ」などお気軽にこちらのコメントへどうぞ。
なお、2013年1月までの記事は旧ブログからの引継ぎなので、一部画像が欠けています。ご了承願います。
追記:画像をクリックしていただけると全体が見られます。以後の更新は画像をクリックすれば大きな画像が見られます。

リンクはご自由にどうぞ。自分のPCにブックマークをぜひお願いします。(^^ゞ
相互リンクは食べもの系、旅系のブログ・HP、または何度もコメントを頂戴している方とさせて頂いております。尚、女性からの相互リンクの依頼についてはその限りではありません。(^^ゞ

追記:6/22タイトル一部変更しました。
検索をかけるとタイトルでなかなかひっからないので追加しました。(^^ゞ


ブログランキング・にほんブログ村へ


ランキング参加しました。それぞれ一丁お願いします(byかつや(^^ゞ)

楢葉町/豚壱で豚丼

写真をクリックすると拡大した画像が見られます。

butaiti2017_0501.jpg

ここ最近は休日の日は仙台方面に出かけていましたが、この休日は国道6号線を南下していわき方向に向かいました。
notitle0050_201408131635019b4.gif
現在は南相馬市に住んでいるので距離的には仙台もいわきもほぼ同じ距離で国道を走る分にはほぼ変わりありません。
国道6号線は双葉町から富岡町まで車だけ通れる区間を通ってから、おなかが空いたころに楢葉町に入りました。道の駅の横に「豚壱」という豚丼のお店があります。
過去に2.3回入ったことがありますが、今回はおなかが空いたので躊躇なく入ります。


butaiti2017_0502.jpg

butaiti2017_0503.jpg

ちなみにこの日は休みなので起床したのは10時前で、だらだらしてお昼前にいわき方面に行こうと思い立って車を走らせました。
1_48.gif
ので、到着したのは1時20分過ぎで店内はガラガラでした。以前に12時前に行ったところ店内は作業員や近くの会社の人たちでごった返していました。営業時間は14時までで夜は営業しないのと、周囲を考えるとこんな感じなのかもしれませんが、おかげさまでゆっくり食事ができます。


butaiti2017_0504.jpg

今回は豚丼の(大)にしました。
元々は富岡町でうなぎ屋さんを経営していました。いわきや双葉郡では知らない人はいない名店だそうです。
うなぎ屋さんは避難先の東京で再開したそうですが、息子さんがこの楢葉町でこのうなぎのたれを使って豚丼屋を開いたそうです。


butaiti2017_0505.jpg

(大)なので、見た目食べごたえがあるのは当然なんですが、(^^ゞ
作業者が多く行き交うのでこの地域では豚丼屋を始めたのはニーズに合っている(?)と思います。ただ並600円、中800円、大が1000円なので、作業員でも毎日来るのは難しいかも。

甘めの濃厚でご飯が進むたれをまとった豚肉がごはんを覆っています。しっかりと味がついていておいしくいただけます。
肉が重なっているので、かなりの枚数が載っています。
テーブルには七味や山椒やマヨネーズなどが、置いてありますのでかけていただきます。
もちろんうなぎのたれがベースなので山椒をかけるのですが、当然肉と山椒の相性は抜群です。
どんぶりのごはんもぎっしりと入っているので、ボリュームも満点で肉と一緒にご飯をかっこむ感じでしょう。

おいしかったです&おなかいっぱいでした。


brd02_09.gif
隣にある道の駅は休館中です。
震災前は温泉があったのですが、地元新聞によると平成29年度末には温泉を再開させたいそうです。
そうなったらいいな

テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

tag : 楢葉町 豚壱 豚丼 国道6号線 道の駅の隣

久々のちょい鉄(;^_^A

写真をクリックすると拡大した画像が見られます。

3月に引っ越しをしました。
koujichu10.gif
いろいろな事情があって、南相馬市に居を移しました。
いわきと仙台の中間で、山を上り下りすれば福島市も近いので、意外と仕事や所用に便利かもと思っています。

あっという間にさくらの季節になっていて、この日はわしが休みなのと、仙台市のさくらが満開になったそうなので、阿武隈急行に行ってきました。
notitle0050_201408131635019b4.gif
昨年は桜の季節に撮りに行くことができず、今年は週末は仕事で、次の休みは来週の水曜か木曜なので今年もさくらの撮影はワンチャンスになりそうです。
notitle0079_201404192211262ca.gif

abukyu2017_0401.jpg

昨日までは日中はぽかぽかだったのですが、この日は青空なのですが風が強く、時折雨が落ちてきました。
さらに新居から阿武隈急行のこの場所の距離が以前より長くなってしまったのと・・・。
つまりは寝坊だったのですが・・・。(^^ゞ
そのため午前9時台の本数の多い時間帯に間に合いませんでした。


abukyu2017_0402.jpg

昨年狙おうと思っていた某駅付近で構えました。
ちょっと満開にはまだ日がありそうですが、わしの次の休みではもう終わっているかもしれません。


abukyu2017_0403.jpg

10時台の電車2本を撮ってから移動します。駅のホームから見渡すとさくらの木が見えたのでそこに移動してみました。
11時台の電車2本をこの付近で撮ることにしました。


abukyu2017_0404.jpg

曇ってきてまた肌寒くなりました。
けれども、すぐに反対方向から電車が来るので、反対方向にダッシュしました。

お昼なので、これでおしまいにします。

brd02_09.gif
新居の最寄り駅は徒歩30分の原ノ町駅です

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : 阿武隈急行 写真 さくら

常磐線を撮りに行った(1)

写真をクリックすると拡大した画像が見られます。

常磐線の浜吉田ー相馬間が運転再開してから2か月になりますが、1か月前の1月の寒波が襲ってきた日に撮りに行きました。

jyouban2017_0101.jpg

jyouban2017_0102.jpg

駒ヶ嶺―新地間にて。
国道6号線のバイパスと交差するところです。
わしが福島に来たころはまだこの区間は復旧工事も行われておらず、路盤がえぐり取られるようにして崩れて、線路が宙ぶらりになったままで放置されていました。
koujichu10.gif

常磐線は2両、4両、6両で運転されています。車両の方はセミクロスシーとのE721系とオールロングシートの701系で走っています。


jyouban2017_0104.jpg

この列車は原ノ町から列車番号を変更しますが、仙台から小高まで直通する唯一の列車です。

jyouban2017_0103.jpg

新地―坂元間の新線区間にて。
煙突が見える方が相馬から来る列車、切通を通ってくる列車が坂元から来る列車です。
2両でもの足りない絵なのですが、日中はほぼ2両で運転のようです。
煙突の煙が左に流れているので、結構寒いのです。


yamasita2017_0102.jpg

山下ー坂元間の山下駅寄りにて。

鳥がたむろしているところを遠慮なく走って行って群れを散らしていきました。


yamasita2017_0101.jpg

別の日に同じ場所で撮ったE721系と701系の混結編成です。
珍しいのかなと思っていたら、仙台に行くと混結編成で走っているのをよく見ます。
ここまで来ると仙台への通勤エリアなんですね・・・。

brd02_09.gif
常磐線ネタは不定期で・・・

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : 常磐線 E721系 701系 駒ヶ嶺 新地 坂元 山下

木耳肉定食を食う

写真をクリックすると拡大した画像が見られます。

南相馬市の「ちゅうか 尚ちゃんラーメン」に行ってきました。

naocyan2016_1201.jpg

このネタを書くときに調べるのですが、このお店は東京の中野区にあるお店からのれん分けして南相馬市にお店を構えたそうです。人気のある店と聞いたのですが、ちょっと昼食時間から外して行ったのに、店内は混雑していました。
南相馬で働く除染の作業員らしいトラックが駐車場に何台も止まっていました。

naocyan2016_1202.jpg

知人のおすすめで「木耳肉定食」のごはん(大)を注文します。
木耳は「きくらげ」と読むのですが、木耳肉でも「きくらげ」で通じるのですね。


しばらくすると先にごはんがやってきました。
naocyan2016_1203.jpg

どんぶりではなく皿でやってきました。水の入ったコップよりごはんの方が高く盛ってあります。
個人的にはどんぶりめしの方がいいのですが、この盛りは見事です。


naocyan2016_1204.jpg

メインとスープがやってきて木耳肉定食の完成です。


naocyan2016_1205.jpg

木耳肉定食のおかずはきくらげに、豚肉、卵焼き、たまねぎと、こちらも盛りがいい感じの見た目です。
卵焼きはふんわかとしていて、ぷにゅぷにゅのきくらげに味のついた豚肉に隠れたたまねぎのアクセントなのですが、これをまとめるあんは豆板醤を使ったピリ辛に意外性を感じるのですが、これが非常に合っていてうんみゃいのです。
定食なのでごはんの相性が肝心なのですが、これもばっちりです。
皿一杯のごはんもおかずと一緒になくなりまして、満足です。ごちそうさまでした。


brd02_09.gif
まだわしには相馬市と南相馬市の区別がよくわからない・・・

テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

tag : 南相馬市 尚ちゃんラーメン 定食

320円で牛タンカレーを食う

写真をクリックすると拡大した画像が見られます。

所用のついでに仙台に泊まりました。ワシントンホテルの株主優待券がまだ余っているので、家が近くでも泊まってもいいかなと思い仙台ワシントンホテルに宿泊しました。ちなみに山形駅西口ワシントンホテルの分は取っていますが・・・。(^^ゞ
部屋に入ると・・・。

sentabe2017_0101.jpg

先日、某東横インによく泊まる常連の知人に「いつも新幹線が見える部屋を予約している」と吹聴されたので、まさかこんな部屋が当たるとは思いませんでした。わしの普段の行いのせいでうか・・・。


翌朝、朝食を食べてから特に何もないので帰るのですが、ぶらぶら歩いていると

sentabe2017_0102.jpg

半田屋がありました。かつて関東に居た頃に結構見た店だと思いましたが、HPを見ると東北を中心に展開しています。福島には福島市といわき駅の2店ありますが、両方行きました。(それがどーした)
半田屋は1958年に仙台にできた大衆食堂で、セルフ形式のはしりとも言われています。
好きなおかずを好きなだけ取るというスタイルですが、結構割高になるスタイルでもありますが、「食べたい」と思うメインのおかずを軸に選ぶと無駄がなくなるのではないかと思いました。


sentabe2017_0103.jpg

今回は朝カレーになりますが、この牛たんカレー320円を軸にします。ちなみにとなりの写真から外れているとん汁が1/31まで半額の55円です。


sentabe2017_0104.jpg

それにサラダ108円の合計493円のワンコイン以内に収めました。


sentabe2017_0105.jpg

sentabe2017_0106.jpg

カレーはちょっと甘めでべたっとしたタイプで普通のカレーです。見た目から牛タンがゴロゴロしています。
結構な牛タンの量で、なんだかお得感がします。よくかんで食べるとあの牛タンの味です。
とん汁も「にんにく七味」を入れると結構おいしいのです。
ごちそうさまでした。


brd02_09.gif
この後、電車の時間が合わずにそばを食べて「食べ過ぎ」・・・。

テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

tag : 半田屋 牛タンカレー とん汁 仙台

南相馬でラーメンを食べてきた

写真をクリックすると拡大した画像が見られます。

職場仲間の人が転勤で東北を離れることになったので、一度食べたいラーメン屋さんに行ってみたいということで南相馬市の小高区に行ってきました。

futaba2017_0100.jpg

南相馬市小高区は「原発事故による避難指示解除準備地域」になっていましたが、2016年7月に解除されました。小高の駅にも電車が通るようになりました。
せっかくなので常磐線で行きたかったのですが、ちょうどいい時間に着く電車がなかったので車で行きました。
notitle0050_201408131635019b4.gif

futaba2017_0101.jpg

駅から歩いてすぐのところに「双葉食堂」があります。
まだ10時過ぎだったのですが、のれんがさがっていました。ちょうど出てきたおねえさんに「やってますか?」と聞いたら「どうぞ中へ」と返事が返ってきました。このお店はかつては南相馬市の鹿島区で仮設店舗で営業していましたが、避難指示解除に合わせてかつて営業していた小高に戻ってきました。
notitle0074_2017012220481412e.gif

futaba2017_0102.jpg

中に入るとほぼ満席状態でしたが、ちょうどテーブル席が空きましたので2人で座ります。メニューはこの4種類のみですが、麺の硬さや味の濃さにも対応できます。
わしはラーメンの(大)を注文しました。


futaba2017_0103.jpg

futaba2017_0104.jpg

どんぶりいっぱいに透き通るようなスープが入ったラーメン(大)がやってきました。
スープをすすると鶏ガラスープの醤油味です。
ちょっと語彙がすくないわしの感想なのですが、味覚でわしなりに表現するとあの醤油のとんがった味が全くないのでかなりあっさりとしています。そして煮干しなどの出汁の甘さが引き立っているような気がしました。
麺は細麺のちぢれ麺で、見た目から中華そばという感じです。
油がどんぶりに広がっているので、寒い日には温まりちょうどいいラーメンだと思いました。
おいしかったです。

一緒に来た方も「うまい」と言っていました。


futaba2017_0105.jpg

地元の人たちに絶大な支持を受けているお店なので、一見のわしはコメントを控えていたほうがよいかと思いますが、ネタを書いてしまいました。
(ちなみに小高に戻る前の仮設店舗には数回行きましたが・・・)

現在、南相馬市は原発事故の作業の前線基地になっています。あれからもうすぐ6年になりますが次第に南下して作業を行っています。ラーメンで絆を作りたいと思っている店主をはじめとして、じょじょにでも小高の街がかつての賑わいを取り戻せればいいなと思いました。


brd02_09.gif
この日は寒波襲来でしたので、久々にラーメンネタ??

テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

tag : 南相馬市 小高区 双葉食堂 ラーメン

天竜浜名湖鉄道を撮る(2)

写真をクリックすると拡大した画像が見られます。

ついに1月5.6.7日の旅の最終回です。
この日は6時過ぎには神奈川に戻りたいと思っているので、3時くらいに新東名高速道路に乗りたいなと思います。
せっかくなので浜名湖を入れた天浜線を撮りたいと思い、その方向に向かうことにしました。地名でパッと浮かんだのは東名高速のインターがある三ケ日。そこまで車を走らせました。
notitle0050_201408131635019b4.gif

tenhama2017_0106.jpg

なかなか浜名湖と一緒に撮れるところがみつからないまま、駅前に車がたくさん停まっている浜名湖佐久米(はまなこさくめ)駅に行ってみました。ちょうど駐車スペースがあったので、とりあえず降りてみます。


tenhama2017_0108.jpg

tenhama2017_0107.jpg

なんとホームにたくさんのゆりかもめが迎えてくれました。
ゆりかもめと言えばそのスジの方には東京を走る電車のイメージがありますが、ゆりかもめは渡り鳥で、ジャニーズ系のわしの上の世代では渡り鳥と言えば小林旭先生を思い浮かべることでしょう。(おい!)
けっこう近くで見るとつぶらな瞳にふわふわした真っ白な羽毛でかわいいではありませんか。
00003146.gif←鳥といえばこのぺそぎんも鳥なんですが、どうやらゆりかもめに対して闘志を燃やしているようです。(^^ゞ

ちょうどいいことに掛川行きの列車がやってきます。

tenhama2017_0109.jpg

近づいてもホームギリギリまで佇んでいて・・・

tenhama2017_0110.jpg

ホームにやってくると「ほんじゃあちょっくら移動するかな」という感じで横切っていきます。
列車も警報音を鳴らさずにホームに入ってきました。
のどかだなあと思うのと、あぶねーぢゃないかとのと半分半分で見ていました。

TVの「珍百景」でも紹介されたそうですが、面白い光景を見ることができて満足です。
また撮りに来たいなと思いました。
写真を撮った時はそんなムードはありませんでしたが、鳥インフルエンザの影響で餌付けは自粛とのことです。

←ぺそぎんは鳥インフルエンザとは無関係です

tenhama2017_0111.jpg

東名高速の三ケ日インターの近くにある都筑(つづき)駅に移動します。
この駅には「メイホップ」というパン屋さんが入っています。ここで腹ごしらえして帰ることにしませうか。


tenhama2017_0115.jpg

三ケ日牛を使った「メイホップバーガー」がおすすめなので、注文します。コーヒーと一緒だとプラス50円とおすすめを強調してきたのでコーヒーと一緒に注文しました。
先ほど食べた三ヶ日牛のハンバーグがおいしかったのでもう一丁という気分でした。

10分くらい時間かかるのですが、ちょうど列車が来る時間なのでそれに合わせて作ってもらいます。

tenhama2017_0112.jpg

三ケ日牛と三ケ日豚の合い挽きの肉に、12時間以上煮込んだ自家製ソースを手作りのパンで包み込んだ一品で、その自家製ソースには三ケ日みかんが入っているそうです。思い切ってガブリと食べてみるとなかなかボリュームがあっておいしい味です。ソースもみかんの酸味があったかな??
なんとメイホップのハンバーガーは地元活性化のため中学生が考え出したパンなんだそうです。
ごちそうさまでした。


tenhama2017_0113.jpg

この駅で撮ってこれで今回の行程は終了なのですが、東名の三ケ日ICに入って三ケ日JCTから新東名に入ればよかったのですが、新東名の浜松いなさICをカーナビで指定して走ったので、三ケ日ICを横目にこれまた狭い山道を上り下りしてICに行きました。また新東名は交通量はそこそこあるのに2車線と3車線になる区間がちょこちょこ変化するので運転は大変でした。


おしまい


brd_pen24.gif
改めて2017年もよろしくお願い致します。

テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

tag : 天竜浜名湖鉄道 浜名湖佐久米駅 ゆりかもめ 渡り鳥 都筑駅 三ケ日 バーガー

天竜浜名湖鉄道を撮る(1)

写真をクリックすると拡大した画像が見られます。

飯田から天竜二俣駅まで行きます。朝8時過ぎにホテルを出ました。
途中で飯田線の駅によって撮影も考えます。10時台なので楽勝かと思いましたが、国道151号線を走っているときはよかったのですが、前日に飯田から一般道を走ろうと思ったので予備知識がなくカーナビの指示に従って走ったら、一車線ですれ違いも難しそうな道ばかり走ります。東北のドライバーには疲れました。

近道なのか遠回りなのかわかりませんが、結局飯田線の時間に間に合わず、そのまま南下しました。

tenhama2017_0100.jpg

天竜二俣駅に着いたのは11:40頃でした。せっかくなのでお昼を食べてからどこかでちょい鉄をやって帰ろうと思います。

tenhama2017_0103.jpg

駅の近くにある十文字屋というお店に入ります。元はコンビニの建物なので、席数は結構あります。カウンター席が多いので、ふらりと入れます。

tenhama2017_0101.jpg

メニューを見て結構悩みましたが、三ヶ日牛のハンバーグカレーを注文しました。わしはあまり外食でカレーを注文しないのですがメニューを見たらベテランのシェフのコメントがあったので期待してみます。


tenhama2017_0102.jpg

三ヶ日牛のハンバーグってどんなもんかと思っていたら真ん中に大きな肉の塊があります。カレーをすする前にハンバーグをいただきます。肉汁がしみでていて余計な味もついていないので、おいしいハンバーグでした。ハンバーグの個性を引き出すようなカレーもまずまずかなと思いました。おいしかったです。


さて、料理が来る前に天浜線の時間を調べたところ、日中は1時間に1本の運転です。ここで列車を待つと1時間待ちになるので、掛川寄りの遠江一宮(とおとうみいちのみや)駅まで車を走らせました。
この駅舎は木造の時代感ある数少ない駅で文化庁の「登録有形文化財」に指定されています。

tenhama2017_0104.jpg

駅前に車がたくさん止まっています。駅に入っているそば屋さんが人気のお店だそうで、ホームにおじいちゃん・おばあちゃんとお孫さんとその母親の家族連れがいました。ちょうど12:30の列車が来るのでそれを待っているのかと思っていたら、このそば屋の順番待ちでした。


tenhama2017_0105.jpg

写真を撮ったらこのそば屋さんに入ろうかと思ったのですが、この列車から降りた若いカップルもこのそば屋さん目当てでした。
pen1_82_20130428204023.gif
tenhama2017_0114.jpg

もう何か所か回って撮ってみたいので、そばをあきらめて移動します。駅に飲食店が入っているとさっき食べたばかりでも、ついなんとなく入りたくなってしまうのですが・・・。(言い訳ではないと思うけど・・・(^^ゞ)


brd02_09.gif
次回、この旅のクライマックス!涙と感動の最終回につづく

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : 天浜線 天竜二俣駅 十文字屋 ハンバーグカレー 遠江一宮駅 そば屋

言い出せんかった飯田線に乗車(^^ゞ

写真をクリックすると拡大した画像が見られます。

伊那市から中央高速に乗って飯田に戻りました。
ホテルに戻って車を置いてからバスに乗ります。信南交通バスが「市民バス循環線」というバスを運転していて、このホテルの近くにバス停があり、そこから飯田駅に行くことができます。14時のバスに乗ります。

今回、飯田線は飯田発14:43発の電車に乗って平岡(ひらおか)駅まで往復をします。平岡駅では1時間弱時間がありますが、駅に温泉施設がありますので、ここでひとっぷろ浴びて飯田駅に戻ると18:00発のバスがあるので、いい接続でホテルに戻ることができます。

しかし、ここで落とし穴という名のアクシデントを自ら作ってしまいます。

バス車内に福島の家の鍵と車のスペアキーのついたケースを忘れてしまったのです。

駅で気が付いたのですが、どこで忘れたのかその時にはわかりませんでした。
まあ、カード類が1枚もなかったのと、多少の小銭と鍵類なのが不幸中の幸いと言ったところなのです。福島の家の鍵は神奈川のおうちにスペアを置いているし、車のカギはホテルに置いてあってこちらもスペアなので、いつでもホームセンターに行けば安い金額で作ることができます。
なので切符を買った後なのでそのまま平岡に向かうことにします。でも気分は・・・

ina2017_0136.jpg

途中の天竜峡までは飯田市周辺を走りましたが、ここから先は大変険しい山の中を天竜川に沿って通っていきます。利用客が極端に少ない駅が多くなり、車内も閑散としてきますが、青春18きっぷの通用時期なのでそこそこ乗っていました。
予定通り平岡駅で下車しました。
かつてはこの駅から長野・新宿と言った直通列車が走っていましたので、駅のホームの広さは往時の名残りなのでしょう。

ina2017_0137.jpg

ina2017_0138.jpg

平岡駅に併設しているふれあいステーション龍泉閣の4階に展望温泉があります。16時からと聞いていましたが、宿泊施設の方に聞いたら今年から15時から入れるとのことで、すぐに行きました。1階のレストランは16:30からなので、食事をあきらめて温泉一本に専念できそうです。

お湯は国道151号線にある「おきよめの湯」から持ってきているそうです。「おきよめの湯」の由来は温泉に入ることにより身も心も清め、長寿を願うことを意味しています。温泉はアルカリ性の単純泉です。

16:42発の天竜峡行きで戻ります。

ina2017_0139.jpg

飯田線の普通列車には車掌が乗っている電車が多いのです。
ドア開閉は運転士が行い車掌が無人駅での集札を行います。走っていく車掌は結構運動量が多いのかなと思います。

ina2017_0142.jpg

天竜峡で飯田方面行に乗り換えると、名古屋方面に乗る東海道線の電車と同じ座席配置の電車でした。
なんだか名古屋近くに舞い戻った感じがします。3両で車掌も乗っています。飯田方面へ向かうので下車する乗客が少ないので車掌は走り回らずにホームの確認をしていました。

ina2017_0141.jpg

飯田に着いて、もうあきらめかけていますが鍵ケースが気になっているので一応ダメ元で信南交通の事務所に電話をしてみます。
するとバス車内にあったとのことでした。近くにバス車庫があるので取りに来てほしいとのことでした。18:00発のバスに乗って改めて車で取りに行くと伝えたら、間に合うので来てくれることになりました。

本当に本当にありがとうございました。帰ってからお礼のメールを送りました。

翌日は作戦会議の結果、中央道で戻るのではなく、南下して飯田線と天竜浜名湖鉄道の撮影をしてまだ車で走ったことのない新東名高速道路で帰ろうと思います。

次回、天竜浜名湖鉄道に移動して、につづく

brd02_09.gif
ささやかですが、信南交通のリンクを貼りました。

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

tag : 飯田線 平岡駅 ふれあいステーション龍泉閣 温泉

カウンター
since 2009.4.10
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
  • カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    プロフィール

    いきあたり

    Author:いきあたり
    低姿勢・低予算・低カロリーがモットー

    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    フリーエリア
    ブログ村バナー


      お小遣いサイトです 本当にわずかですが、お小遣い稼ぎができます フルーツメール
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR